日々の徒然猫々草

日々思ってること、毎日のご飯、などなど気ままに書きます。徒然猫々草、と言いながら猫サマの更新が少ないかも。。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:-- | スポンサー広告 | Trackback(-) | Comment(-)
コタ 結局?
ちとがっくりきていて、昨日の獣医大の話は今日アプです。
日曜日の画像です。カラーしてると毛づくろいができないので、外しました。
20060822●身づくろい1 060820_1059~01.jpg

お腹を舐めないように、そばに張り付いて監視(苦笑)

一生懸命舐めています。。顔、洗いたかったんだよねー。。
20060822●身づくろい2 060820_1059~02.jpg


コタ?お尻とかは、全然舐めないけど、それはいいのですか??
20060822●身づくろい3 060820_1103~01.jpg


カラー装着後、何故かスイッチが入ったコタ。。ちょびにちょっかい出していますが。。
20060822●身づくろい4 060821_2100~01.jpg

ちょび、弱すぎ。。

ありゃ。。ぶれちゃってわけわかんない。。元気になってきた、ということかなー。。
20060822●身づくろい5 060821_2100~02.jpg



良かったこと:貧血傾向が改善されました。PCV、ようやく40越しました。(違う機械で検査した結果も、34と良好。。)造血機能が回復してきたのかなー。。
良くなかったこと:肝酵素の数値が良くない。。T-Cho、GPT/ALT、GOT/ASTあたりがほとんど改善していません。。

生検(バイオプシー)の結果:ガンではない、腫瘍ではない、というのは聞いていたので、では結局??という話ですが。。先生曰く、【肝炎、としか。。】
検査機関からの診断結果も無理やり(爆)見せていただきましたが、専門的過ぎて(あたりまえか。。)ちっともわからず。グリコーゲンの貯留が認められる、だの、胆肝炎の典型的な状態は認められない、だの、まぁ検査結果自体が、よくわかりません、でも肝臓には異常があります、つー感じ?
取り戻した検体で、肝臓に強い先生にも見ていただいたそうですが、ステロイドを使うほどではないのでは、という診断だったそうです。(まぁ、いたんだ検体で、いかほどの診断ができたのかはわかりませんが。。)

えと、続きがあるのですが、(たぶん)明日に続きます。(苦笑)


コタ、元気になっておくれ。。
スポンサーサイト
Comment
≪この記事へのコメント≫
精神的に辛い感じですね
こう言った診断結果を聞く場合、動物だけでなく
人間の場合も同じようなことがありますね
グタグタとお話を聞いていて
結局、良いの?悪いの?どうすればいいの!
私もこんな経験があります。
取りあえず続きお待ちしております。
ブログの続きを見ないとなんともいえませんが
取りあえず最悪ではないと言う事でしょうから^^;
気持ちを落ち着かせてもう少し頑張ってください。
2006/08/24(木) 04:09:09 | URL | sp-nyan #-[ 編集]
暑いですしねぇ
人間でも肝硬変直そうと思ったら、最低でも
2週間以上の入院と、毎日の点滴・・・。そこへもって脂肪肝だと半年から1年・・・これ、良くなるよりも肝硬変が進行することが多いですしね。
以前も申し上げたと思うのですが、もしコタ坊が人間の劇症肝炎のようなものであったのなら、やはりしっかり回復したといえるには1年以上はかかるはず。データも好転なかなかしないもんです。ましてや、どのくらいの期間で肝臓の機能が低下したのか?急激だったのか?ゆっくりで、あるていどのところまできて一挙に下がったのか?それとも一時的に何かの誘因子があったのか?
それも今となってはわからないでしょうが、もうちょっと秋口過ぎのデータをみてみましょう。
それからステロイドはもっと活気がない、歩けない、ゴハンがたべられない、呼吸が苦しそう・・・とかじゃなかったら使用しないほうがいい。一時的には良くなりますが、結局生命維持の温存体力の貯金をはたいてしまうことになりますから。しっかり原因がわからない限り、アミノ酸やタウリンの摂取につとめて、機能低下・破壊した組織の修復をコタ坊のホメオスタシーでおこなったほうがいいと思います。
さいふぁさんもおつかれになったでしょう。ゆっくりやすんでくださいね♪
2006/08/24(木) 21:48:37 | URL | 2にゃんのせばすちゃん #-[ 編集]
さいふぁさんお疲れさまでした
検査結果よく解らないですね~
肝臓が炎症を起こしているわけですよね~
どうして?なぜ?
その答えは
治療方法は
?が沢山です
コタちゃんが元気そうなので嬉しいですが
はっきりさせてほしいですね
コタちゃんお疲れさま
2006/08/26(土) 16:43:13 | URL | 黒ネコ #rnAfMXGg[ 編集]
コタ 結局?>sp-nyanさん、2にゃんのせばすちゃんさん、黒ネコさん
●sp-nyanさん
早2ヶ月経過してきて、バイオプシーしても確定診断が結局得られていないので、ちと、しんどい感じです。
良くなるのかなぁ?とか、余計な事をぐだぐだと考えてしまって。。頑張ります、ありがとうございます。
●2にゃんのせばすちゃんさん
>機能低下・破壊した組織の修復をコタ坊のホメオスタシーでおこなったほうがいいと思います。
内科の方で処方していた薬は続けるのですが、まぁ、それによる好転もあまり見られず、で。。
結局、今日からステロイドです。はぁ。。どうなるんでしょうか??参りました。でもコタが頑張っているので、私も泣き言を言っている場合ではないですよね。。頑張るっす。
●黒ネコさん
バイオプシーしても、判らないものは判らない、ということなんでしょうかね。。
外部の機関ではなく、獣医大の肝臓に強い先生に最初から見てもらえたらなぁ、なんてついつい思ってしまいます(結果は同じだったかもしれませんがね。。)
2006/08/29(火) 19:24:12 | URL | さいふぁ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
Designed by aykm.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。